ホーム > 歴史

チュードル様式の流れを汲む伝統的なハーフティンバースタイル。洋館でありながら、和を思わせるデザイン。
昭和九年、岐阜出身の貴族院議員でもあった実業家が個人宅として建てた洋館が、現在の白金甚夢迎賓館です。
たくさんの人々によって守られてきたからこそ、長い年月を経た現在でも、美しく白金の地に佇んでいます。

建築に携わった人々

山本拙郎 日本初の住宅専門会社「あめりか屋」の設計部技師長。
手がけた作品は数知れず、現在も全国に功績を残している。
遠藤健三 岐阜県出身の設計士。「あめりか屋」にて、山本拙郎の後輩にあたる人物。
後に大日本土木会長を務めた。
今和次郎 「考現学」提唱社として知られる、建築造形化。
日本生活学会会長、日本建築士会会長を務める等、多岐に亘り活動をしていた。

館内のご案内

完成当時の写真


正門前

正門前より。
今とほとんど変ることのない建物。
素材と基礎にとことんこだわり歳月をかけ創り上げられました。

応接室

現在、礼拝堂となっている部屋は、当時名だたる財界人が出入りした応接室でした。

屋上展望

屋上展望より周辺の様子。
周りにはほとんど建物がなく、渡辺邸が一番高い建物であったことがわかります。

食堂

昭和初期の日本とは思えないほどの華やかさ。

長い年月と多くの人々によって造られた、貴重な邸宅を貸切る贅沢。

Contactお問い合わせContactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
見学予約はこちら
見学予約はこちら
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

東京レストランウェディングのおすすめ会場東京レストランウェディングのおすすめ会場

PAGE TOP
PAGE TOP